エイトホーム建築部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すまいの豆知識。『C値編』

すまいの豆知識。『C値編』


皆さま、こんにちは。
大型ゴールデンウィークも終わり、休み疲れが出てきている頃ですかねぇ~

今年の我が家では、遠出することもなく近場で、遊んでいたので
疲れ知らずでピンピンしていますヽ(´∀`)ノ

さて今回から、住まいの豆知識としまして、皆様に『C値の豆知識』をお伝えしていきます。

最近、少しずつですが聞くようになってきて、高気密住宅には欠かせない『C値』。
いったい何の値なのでしょうか?

『C値』とは、隙間相当面積と言います。
建物にどれだけの隙間があるかを表した数値になります。
数値が小さければ小さいほど、高気密住宅ということです。

実際の気密施工した住宅
IMG_4513.jpg  IMG_4499.jpg

では、気密住宅にすることによっての、メリットは何があるでしょう?

住宅の隙間を減らす→隙間風が減る→温めた空気が逃げない→省エネ

と結びついてきます。
また、その他にも大切な目的があります!

①隙間風によるエネルギーロスの低減
隙間がたくさんある住宅ですと、せっかく温めた空気が隙間から逃げて行ってしまいます。
なので、隙間を少なくすることで暖房効率を上げ、暖房にかかるエネルギーを抑えることができます。

②断熱材の断熱効果を最大限に発揮させる
せっかく性能の良い断熱材を使用しても、断熱材の周辺の空気が移動してしまえば
本来の断熱材の性能が発揮できません。
断熱材に入り込む外気をシャットアウトすることで、断熱効果を高めることができます。

③内部結露の防止(グラスウールなどの繊維系断熱材の場合)
気密性が低い住宅ですと、水蒸気が壁の中に侵入して内部結露を引き起こす可能性があります。
また、プラスチック系断熱材であっても、繊維系断熱材と同じく水蒸気を通しますので
防湿シート等の対策が必要です。

④換気効率の向上
気密性が多い住宅ですと、室内外の空気の出入りを把握することも
コントロールすることもできません。

ですので、ジョイコス住宅システムでは、C値を0.5㎝2/㎡以下と設定されています。
わが社では、最高0.16㎝2/㎡を出したことがありますv(o゚∀゚o)v

また、1棟1棟気密検査を行っております。

184.jpg

気密とは、目で確認できることではありませんが
住宅を建てる上で、とても重要な数値になってくると思います( ̄^ ̄)ゞ


スポンサーサイト
  1. 2016/05/10(火) 15:40:59|
  2. 住宅豆知識
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

エイトホーム建築部

Author:エイトホーム建築部
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
住宅豆知識 (2)
ZEH住宅 (18)
お知らせ (3)
セミナー (5)
ジョイ・コス倶楽部 (2)
長期優良住宅 (11)
イベント (1)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。