エイトホーム建築部

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

エアコン2台の家(天井断熱材編)

エアコン2台の家(天井断熱材編)

皆さん、こんにちは。

最近はとても暖かくなり、毎日が過ごしやすくなりましたね~(* ´ ▽ ` *)


前回のブログで壁・床の断熱材についてお話ししましたが、
今回は、天井断熱材についてご説明させてもらいます。

天井裏断熱材が入る部分は、下の絵の赤いマーカー部分になります。

ジョイコス矩計図変更a

天井裏に使用する断熱材は、セルローズファイバーを使用します。

では、セルローズファイバーとは・・・新聞紙の古紙を再び繊維状、綿状にして、防燃処理をほどこしたエコロジカルな住宅用断熱材になります。


セルローズファイバーの特徴としては、7つの特徴があります。

①高い断熱性:熱伝導率としては、0.038W/mkの性能があります。
          厚さは、300㎜の厚さを天井裏に施工します。

②優れた吸音効果:二重の空気の層がダブル効果で音を吸収しますので、他の断熱材と比べ非常に吸音に優れています。

③結露防止:木賃繊維のもっている吸放湿性により、表面結露、内部結露を防ぐのに大きな効果があります。

④優れた耐火性能: ホウ素系の薬品を混人して防燃処理を施しています。木造住宅に使用しても燃えにくく延焼を防ぎます。
             また有毒ガスの心配もありません。

⑤撥水性:撥水処理がなされているため、万一雨もれがあっても無機繊維のように水を吸って天井が落ちるようなことはなく、
       早期発見につながります。

⑥害虫をシャットアウト:ホウ素系薬品による効果で、害虫のエサにならず、また白アリやゴキブリ等を
               寄せつけない効果があります。またその形状からネズミの巣にもなりません。

⑦カビを防ぐ:ホウ素系薬品の効果により、カビや菌の発育を阻止し、建物の耐久性向上に役立ちます。

施工写真
IMG_7968.jpg
ホースからセルローズファイバーを吹き付けます。

施工後写真
IMG_8090.jpg
天井裏全体にひきつめてあります。厚さ300㎜。

床・壁・天井を高性能の断熱材で施工することで、熱を逃げにくくさせます。
また、気密性も良くすることで、家全体のエアコン二台冷暖房が可能となります。

この二つ(断熱性能と気密性能)は、住宅のランニングコストにも影響がでますので
住宅をご検討の方は、気にしてみるのがおススメです!


  1. 2017/04/24(月) 16:47:51|
  2. 長期優良住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコン2台の家(気密測定結果編)

エアコン2台の家(気密測定結果編)


皆さん、こんにちは(^-^)/

前回、「気密編」でお話ししました、気密測定の結果が出ましたのでご報告します!

それでは結果は・・・

なんと!

C値=0.19㎝2/㎡ (」*´∇`)」

では実際、どのぐらいの隙間があるかと言いますと・・・

今回の住宅は約30坪の住宅ですので、
家全体の隙間は一辺4㎝の正方形の隙間になります。


測定風景
182.jpg

このぐらいの気密レベルになりますと、

隙間からの暖かい空気が逃げにくくなったり(ランニングコストの減少)
断熱材の断熱効果を最大限に発揮させたり(どこの部屋にいても同じ温度)
計画換気の効率が向上させたりと


良い事ずくめ!

隙間を無くすことが、重要なことがわかりますよね~(´∀`*)

また、工事が進みましたら、お知らせします。

  1. 2017/03/07(火) 16:46:02|
  2. 長期優良住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコン2台の家(気密編)

エアコン2台の家(気密編)


皆さま、こんにちは!

まだまだ寒い日が続きますね(´д⊂)

乾燥もひどいので、インフルエンザも大流行しているみたいですね~。

うつらないように毎日の手洗い・うがいは、欠かせませんね。


では、今回はエアコン2台の家(気密編)をご説明します。

前回、ご説明しました断熱気密は、とても重要な要素になります。

なぜ、断熱材と気密性が重要なのか??

ご説明します。

気密性とは、家全体の隙間の大きさになります。

では、気密性を良くするメリットは、「住宅の隙間を減らすことで、(冬の場合)家の中で温めた熱を外に逃げづらくなります。」

例えば、断熱材を性能が良い物を使用したとします。
しかし、気密性がない住宅ですと、せっかく温めた空気がドンドンと隙間から逃げて行ってしまいますw( ̄o ̄)w
良い断熱材を使用しても、気密性とセットで考えないと、冷暖房代が高くなる可能性があるのです!!

では、気密施工写真です。


天井気密施工・・・気密シートと気密テープを使用し、外部に接する天井を気密施工します。
IMG_7857.jpg


壁気密施工・・・気密テープを使用し、壁パネルと柱の隙間にテープを貼ります。
IMG_7898.jpg


床気密施工・・・床のパネルとパネルの継ぎ目・壁の継ぎ目などに、気密テープを貼っていきます。また、設備の配管の立上りにもテープ施工します。
IMG_4503.jpg

IMG_7896.jpg


土間気密施工・・・玄関・ユニットバスなどの土間部分にも気密施工します。
IMG_7894.jpg

ジョイコス住宅システムでは、気密レベルが決められてます。

気密レベル=隙間相当面積(C値) (数値が小さいほど、隙間が少ないことを表します。)

ジョイコス住宅システム隙間相当面積(C値)が0.5㎝2/㎡以下に決められています。
では、C値=0.5㎝2/㎡とはどのくらいの隙間?


例えば
40坪の住宅の場合。

なんと!!住宅全体の隙間が、1辺8.1㎝の正方形の大きさになります。


気密性を高めることで、メリットがいくつかあります。

①家の中の熱を逃げにくくすることで、ランニングコストの減少。

②断熱材の断熱効果を最大限発揮させる。

③内部結露の防止。

④換気効率の向上。


気密を良くすることで、こんなにメリットついてきます。

気密性が良い住宅は、施工する会社(人)によって変わってきます。
経験と知識がないと、なかなか良い数値出せないと思います。

次回は、現場で気密測定を実施予定ですので、結果がでましたらご報告させてもらいます!!

  1. 2017/02/21(火) 17:40:43|
  2. 長期優良住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコン2台の家(断熱材編)

エアコン2台の家(断熱材編)


皆さん、こんにちは。

冬本番の寒さが続いてまして、外に出るのに躊躇してしまいますよね~(;_;)
私も現場での職人さん達との打合せなどで、寒い思いをする機会が多くなりますので
最近のお気に入りは、ネックウォーマーです。(今さらですが・・・)

今まで、あまり関心がなかったのですが、着用するようになったから
暖かい、暖かい(* ´ ▽ ` *)
もう、外に出るときは手放せなくなりました!

まだの人は一度、お試しあれ。


では、今回は毎回「エアコン2台の家」とテーマがありますが、
詳しく説明しますと「エアコン2台で全室冷暖房を可能な住宅」のことを言います。
そして「エアコン2台で全室冷暖房」を可能にために欠かすことのできないのが断熱材です。

工事現場のほうも断熱材が一部入りましたので、ご説明させてもらいます。

今回の建物には、ジョイコス住宅システム(高気密高断熱住宅)を採用しています。
ジョイコス住宅システムとは、高気密高断熱住宅で必要な、断熱材・気密性・窓(サッシ)・換気を重要視した住宅システムになります。

壁に使用する断熱材。(壁パネル)
IMG_7814.jpg
20151217-tokucho1.jpg



壁パネルは、柱と柱の間にピッタリ入るようになっている断熱パネルです。
断熱材の材料は、硬質ウレタンフォーム・厚さは105㎜を使用しています。
グラスウール10Kの断熱性能と比べますと、約2倍の性能が良い断熱材になります。

1F床に使用する断熱材(床パネル)
IMG_7815.jpg

切断面
IMG_4325.jpg

20151217-tokucho2.jpg

床パネルは、1Fの床面全体に設置します。
また、床パネルは壁パネルに使用されている材料と一緒ですが一部違い所があります。
それは、床パネルには炭化コルクが使われているのです。
切断面を見てもらうとわかりますが、黒くなっている部分が炭化コルクになります。
コルクを蒸気加熱で焼くことで、断熱性・吸音性・耐害虫性・耐水性・耐薬品性などを備えています。

床・壁・天井の断熱性能を良くすることで、家の中の熱を外に逃げないように防ぐことができ
エアコン2台で全室冷暖房を可能にします。

天井の断熱材は、セルローズファイバー300㎜を予定しています。
まだ施工さていませんので、施工できましたらお伝えしたいと思います。
  1. 2017/02/02(木) 15:51:34|
  2. 長期優良住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

エアコン2台の家(上棟編)

エアコン2台の家(上棟編)


皆さま、遅くなりましたが、明けましておめでとうございます(^-^)/
本年も、よろしくお願い致します。

先日、去年からお伝えしていました「エアコン2台の家」の上棟が無事、迎えることができました。
当日は、天候にも恵まれ最高の上棟日和でした\(^o^)/

では、前回からの続きをお伝えいたします。

土台敷き・・・基礎工事が完了しますと、土台敷きを行います。基礎の上に基礎パッキンと土台・大引きを設置する工程です。
IMG_7696.jpg

足場工事・・・上棟前に先行足場工事を行います。
IMG_7672.jpg

上棟・・・建物の主要な構造材を組み立てる作業。

まずは、土台の上に柱を立てていきます。
IMG_7697.jpg

梁を柱と柱で繋いでいきます。
IMG_7700.jpg

IMG_7705.jpg

2Fの床下地材を取り付けて、梁を柱と柱で繋ぎます。
IMG_7711.jpg

IMG_7717.jpg

途中、1・2Fの外回りに壁断熱パネル(ジョイコスパネル)を入れていきます。
IMG_7716.jpg

IMG_7736.jpg

そして、最後に屋根の束・母屋を立て、完成!!
FullSizeRender.jpg

無事に上棟が終わったことに感謝したいと思いますo(^▽^)o

この後も、現場は進んでいきますので、随時皆さまにお知らせしていきます。

  1. 2017/01/13(金) 17:30:14|
  2. 長期優良住宅
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

エイトホーム建築部

Author:エイトホーム建築部
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1)
住宅豆知識 (2)
ZEH住宅 (18)
お知らせ (3)
セミナー (5)
ジョイ・コス倶楽部 (2)
長期優良住宅 (11)
イベント (1)

アクセスカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。